裁縫が一気に上達する!私の買ってよかった裁縫道具5選*

資材

おはようございます
今日は
一生懸命作っているのに、なかなかうまくならない…
どうしてあの人はあんなに上手に作れているんだろう?
どうしたらいち早く上達することができるだろうか?

そう思ったことはありませんか?

その答えは、ズバリ

裁縫道具!が大きく関係しています

ミシンの慣れは必要ですが
それよりも一気に上達する方法は道具にあります

私が実際購入・使用してみて
これはいいよ!という裁縫道具をご紹介します

まだ使ってない
気になっていた…
という方は是非参考にしてくださると嬉しいです

道具で裁縫技術は変わるのか?

答えは簡単です。
変わります!!

作品を作る上で一番重要なことは
小さなズレをいかに無くすか、です。

それが難しい〜と思うかもしれませんが
優秀な道具たちに頼ってしまえば、一気に問題は解決します!

買ってよかった裁縫道具5選

  • アイロン定規
  • 文鎮
  • テープメーカー
  • ミシン定規
  • ミニアイロン

    ひとつずつ解説していきましょう

アイロン定規


布端を折り、縫うという作業は作品作りでは欠かせんません

通常の定規ではアイロンにかけることはできませんが
アイロン定規はアイロンを当てたまま、まっすぐに折り目を
つけることができます

定規なしとありでは、全然仕上がりが違います
自分の感覚で
まっすぐに折っていると思っても
実際には曲がってしまったり
縫う際にもあまりきれいに縫えないことが起きます

裾上げや三つ折りなど安心してきれいに素早く
簡単に作ることができる必需品アイテムになります

参考までに私の使用しているアイロン定規です

*Clover アイロン定規ロング 25-059
*Clover アイロン定規 25-057

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロバー アイロン定規 <ロング> 25-059
価格:671円(税込、送料別) (2021/7/10時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロバー アイロン定規 25-057
価格:704円(税込、送料別) (2021/7/10時点)


文鎮(ファブリックウェイト)

待ち針を使っているから、いらない
そう思った方はいませんか?

実は私がそうでした
結果、もっと早く買っていればよかった〜!
と後悔した道具の一つです

待ち針だと布と型紙を針で刺すため
布を痛めたり、型紙に穴があいてしまったり
時間がかかる上に、ヨレが出来てしまう原因となります

何より文鎮を使用してから
完成までの時間が一気に短縮しました

これが一番嬉しいことでした

作家さんの多くは毎日作品を完成させている方をたくさんいらっしゃいます
その貴重な時間を支えているのは
文鎮なのでは?と私は推測しています

*Clover ファブリックウェイト 2個入り 39-211


テープメーカー

バイアステープが作れる
テープメーカーです

市販されているバイアステープを使用してもいいのですが
若干色が違ったり、合うものがないなぁ〜となると
その都度新しいバイアステープを探さなければなりません

自分が使っている布
そのものでバイアステープを作れると
効率的で、しかも
一気に作品の幅も広がります

予想以上に簡単に作れますので
まだ持っていない、迷っている
という方は是非使ってみてください

作れる太さによって
5種類ほどありますので
自分の作品に合う幅が作れるタイプを選んでみてください

*Clover テープメーカー


マグネット定規

ミシンで布を縫う際
まっすぐ縫った、と思っていても
若干ずれることがあります
その小さなズレは、作品のクオリティーに大きく影響します

その心配を一気に拭ってくれるのが
マグネット定規です

私は主に、円を縫うときやバイアステープなど
長く縫うときに使用します

きれいに縫えると
とっても気持ちがいいですよね

それぞれの使用しているミシンによって
マグネット定規を選ぶといいと思います

私はbrotherを使用しているので
ブラザーのマグネット定規を使っています


ミニアイロン

最後のご紹介は
ミニアイロンです

普通のアイロンは使用していると思いますが
小物や小さな部分に当てるには
なかなか厳しい時があります

ここに当てたいのに…
なんて思ったことはありませんか

そうなんです
そこに当てることで
仕上がり、見た目
一気に変わります

ご紹介した道具たちの中で
一番お値段もしますし
私自身も迷いましたが
とにかく使ってみよう!と試してみた道具の一つです

結果、毎回使用しています!

もともとはパッチワーク用のアイロンのようですが
細かな部分にしっかりアイロンをかけると
こんなにも作品の仕上がりが違うのだと驚いた道具の一つです

縫い代の折り目をしっかりつけれたり
ポーチの内側に当てたり
最後の仕上げに細かくかけたり

とっても重宝しています

私の使用しているアイロンは以下です
よければ参考にしてみてください
Clover パッチワーク アイロン 57-904

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロバー パッチワークアイロン
価格:5500円(税込、送料別) (2021/7/10時点)


気になった道具はどんどん試そう!

いかがでしたか?
気になっていた道具や
もう使っている道具はありましたでしょうか?

今回ご紹介した品物は
ほとんど「clover」になったのですが
cloverさんはさすが!と思う道具が沢山あります
(決して回し者ではありません笑)

安くて似た商品も出ていますが
やっぱり違うな〜と思うことが多かったので
今ではほぼcloverさんを購入するようにしています

とにかく自分が気になった道具をどんどん試していくことが
上達への近道だと思います


私もまだまだ修行が足りないので
気になった道具や
いつか購入しよう!と思ったら
いやいや
「今でしょ!」と言い聞かせ
試すようにしています笑

買ってよかった5選いかがでしたか?
少しでもハンドメイド好きさんのお役に立てたらうれしいです

from mika

資材
スポンサーリンク
mikaをフォローする
soranohana(そらのはな)

コメント

タイトルとURLをコピーしました